概要

六法(ろっぽう)とは、日本における主要な6つの法典のことをいった。転じて、本来の意味の「六法」に対応する6つの法分野を指すことが多い。また、全部又は一部の法分野に関する法令集を指すことも多い。

由来

六法という言葉は、箕作麟祥がフランス法を翻訳した書籍である『仏蘭西法律書』(1874年)の中で、ナポレオン五法典(民法典、商法典、刑法典、民事訴訟法典、治罪法典)と呼ばれる諸法典 (Codes napoléoniens) に憲法を加えた言葉として使われたことに由来すると考えられている。

法分野

6つの法典に対応した法分野という意味では、以下の6つを指す。

  • 憲法(内閣法なども含む)
  • 民法(不動産登記法や借地借家法なども含む)
  • 商法(会社法や手形・小切手法、金融商品取引法なども含む)
  • 刑法(特別刑法も含む)
  • 民事訴訟法(民事手続法)(民事調停法、仲裁法、民事執行法、民事保全法、倒産法なども含む)
  • 刑事訴訟法(刑事手続法)

ここから転じて、これらの6つの法典を中心として主要な法令を収録した書籍を「六法全書」又は単に「六法」と呼ぶようになる。

また、本来の意味から離れて、特定分野の範疇内において主要な法令を収録した書籍も「○○六法」という名称で呼ばれることがある(「金融六法」「福祉六法」など)。この場合には、6という数に特に意味があるわけではなく、主要法令集という意味でこの語が使われている。ただし、郵政民営化関連六法や社会福祉法のように該当する法律を6つ数え上げて「六法」と呼んでいる場合も存在する。

六法全書は法律家が持ってるイメージがありますが、実際にも持っている人はたくさんいます。

(引用:Wikipedia)

Copyright 2011 六法ナビ All Rights Reserved.